S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


*


 ひさびさに展示つづきなのである。
 
 都美、現美、エルメス。

 都美は「都民の日」に行ったので無料でみせてもらった。
 雨の日、あたらしくなったカフェーでお茶してから
 『キュッパのびじゅつかん』でした。
 カテゴライズしたものを標本箱におさめる参加型展示があり、
 わたくしは“印刷されたもの”というので選びました。
 上野のいつもの立ち飲みで一杯ビールのち、
 友だちの会に合流してまた一杯、というにぎやかな日。

 現美はヨーガン・レールの展示がみたくて、
 話し合いがてらのランチをしたあとに
 (となりにいたワンコのシッポがふりふり当たって幸せ席)
 友だちもさそってささっと。
 小さくコンパクトにまとめられた展示で、
 広すぎないのもよかったなー。
 展示室の外にあった、大人向けにつくられたであろう
 短いヨーガン・レールのインタビュー映像もとても良く。
 何かに「抵抗」している姿勢の作家数組が、
 やわらかな印象で、しかし、芯がしっかりかんじ取れるように
 考えられて展示されているようだった。

 新橋までバス移動で、わかれてから
 エルメスへ。
 高山明さんと小泉明朗さんの展示。
 明朗さんはあいかわらず、こわいな…。試されてる感。
 それぞれにもやはり「抵抗」がみえている。
 声高に語られてはいないが、じわじわと。
 ああ、作家ってそういうものだったけな、と今日はあらためて。


 「これは、ものを作ることを仕事にしている私の小さな抵抗です」
 (『On the Beach 1』ヨーガン・レール)
 
 
 そして、洋服を身に着けることも考える。
 はっきりと意思のあるひとが考えたものを身につけるとなると、
 そこに、自分の考えもちゃんと無くてはならない。

 2、3年前からようやく気がついてきたのは、
 自分で咀嚼して取り込んだ考え方ってのは
 頑固なものなんじゃなくて、柔軟なものであって
 余地のあるものなんだってことです。

 誰かの考え方が、ただそこにあるってだけでは
 それがどれだけ自分の考えだと思っていても
 変化しないものなんですね。

 デザインしているひとのものは、
 その考えそのもので
 身につけて、そこからでもいいから
 自分の考えを持つことがだいじ。

 なーんて思ったりしました。

 まだスタート地点についただけなのだけど。

 
d0109106_018282.jpg


 







 

[PR]
# by higufu | 2015-10-10 00:20

*


 人生の黄昏期というようなたとえがあると思うけど、
 そのかんじって、なんとなく、ああ、これかな
 と先月末のすばらしい夕暮れのときにわかったというか
 ちょっと重なったような気がした。

 眺めのいいコーヒーやの大きな窓から見てて
 ドドっとそれまでの数週間のことが身体に入ってきて、
 あのかんじ、何年かに1回ある。

 そんな関係かわからないけども
 髪切ってパン買って、いつもの本屋によって
 『となりの認知症』という本を購入した。
 最近そういうの気になってるんだな。
 来るべきときがくるのに、備えたいと思っているのか。
 『驚きの介護民俗学』もひじょうにおもしろい内容で
 仕事では都合でお呼びできなかったけど、いつか講演とか聴きたい。

 近ごろは気持ちが愛媛と温泉に向かっているのである。

 
d0109106_1103111.jpg


 



 



[PR]
# by higufu | 2015-07-12 11:01

*


 カテゴライズできない関係性における愛情のことを考えてたら、
 なんてせつなくて壮大で幸せで不思議な感情なのだろうと思う。
 
 寺尾紗穂の新譜をやっとこさ購入したら
 もんのすごくよくって、朝でも昼でも夜でもずっと聴いている。

 
d0109106_13564555.jpg










[PR]
# by higufu | 2015-05-16 13:58

*


 ゴールデンウィークはいつものごとく仕事だったのだけど。

 その仕事がらみで葉山行ったり、
 めずらしく母とゆっくり良い時間を過ごしたり、
 ついでに友だちと朝から鎌倉観光したりして、
 その前日には大船の飲み屋はしごして
 昼間は江ノ島でウォーキングしたりして。
 (行ってみたかった路上売りのケーキ屋さんは
  いつのまにか店舗をもっていて、
  母宅の近くにオープンしたばかりだった)

 ワークショップも楽しくいって、やってよかったなあの気持ちで
 また新しい土地に遊びにいく理由もできたし。

 おじさんが25年も続けているドキュメンタリーを観る映画祭で
 思いがけず良い作品にもあたるし、そのあと久々のタイ料理。
 
 およ、なかなかよかったんじゃないのという。

 島には橋を渡らずに小さな舟で裏側にまわって行ったら
 あっちからだと登りが急なのね。ランニングの格好で行って大正解。
 ジャージみたいな服装でほいほい出かけられるようになったなんて、
 あんたもずいぶん変わったもんね、みたいに言われたけど
 そうかもね。
 変わりたかったから、些細なことでもうれしいことばだったよ。

 あとはエスキナンサスの植えかえをしたので
 ちゃんと根付いてくれるといいなあ。

 
d0109106_20355294.jpg











[PR]
# by higufu | 2015-05-06 20:44

*


 友だちにある本をもらった。
 その本は「更新」「安全」「安心」という
 みっつのキーワードを残してくれ、
 知人友人と話をするきっかけもつくってくれた。

 ・もともとあまり感心がないのでいつも通り
 ・感心はあるが、諸々の理由から選択はいつも通り
 ・感心があり、なおかつ安心したいために限定的な策をとる
 ・感心があり、細心の安全策と安心をとる
 ・感心はあるが、安全と安心はあまり考えなくてよい状況

 単に敏感だから、というのだけでは
 あまり納得できなくてモヤっとしてたけど
 判断基準は自分でもつのと、あとそれだけじゃなくって
 知識を更新することによって判断していくことが
 先を見据えた上では大事なことであり、
 その中で、自分の安心を確保するための行動をとっていこー
 と考えたのでした。

 この機会で自分の無知にも気がつけたので
 『科学と科学者のはなし』という本を購入。
 更新、という大事なことも忘れないでおこう。

 
d0109106_2234499.jpg









 
 


[PR]
# by higufu | 2015-03-09 22:02

*


 こないだ大阪行けました。
 1泊だったけど充実、充電、ねこ充!
 夜は2匹に添い寝されるというサービスつき。至福……

 赤子はほんとに、すごいね。
 でも何よりお母さんですね。
 そこのお宅は本がたくさーーーんあったので
 赤子ゆらゆらさせながら本棚をながめる楽しさ。
 壁という壁に本が立ち並ぶ。
 
 久々の太陽の塔を横目に初みんぱく。常設展示たっぷり見る。
 日本の祭りのエリアがよかったなあ。
 なんか、そこ一帯がぱあっと明るいかんじ。
 展示室は休日といえども空いていたので
 影でいちゃいちゃする若者と遭遇する。
 そういう若者、科博でも見たなあと思いながら通り過ぎる。

 ミュージアムショップはなぜか2度目で
 なんかさらに充実していた気がする。
 トルコの女性が編んだ小さなモチーフを片耳イヤリング用に。
 あとイヌイットのシャーマンのポストカード。
 などなど、散財しないよう慎重に楽しむ。

 午前中は吹田というところで舞台。
 ちょうどアフタートークもあって、
 入れてくれたひとにも挨拶できてよかった。
 道子の考察。残さんのダンス。

 行き、朝一の新幹線は案の定寝坊して乗れず
 自由席になったけど、朝だから空いてたね。爆睡して新大阪まで。
 重ーいレンズを初日に預かるという以外は
 とてもスムーズな滞在でした。

 次の日の夜帰ったら、友だちたちの家がさいごの日で
 ちょっと飲んで泊まっていく。
 最初でさいごの宿泊。近くにいるとなかなか泊まらなかったな。
 


 
d0109106_23214237.jpg













[PR]
# by higufu | 2015-02-03 23:37

*


 今はただ、まじめにやるぞー!わはは
 という気持ちです。

 自分とのあたらしい接し方も、少しずつだけど知れてきたし、
 保ち方も、まだまだだけど、がんばれていると思う。

 運動もするぞということでランニングしたし(まだ1回だけ)
 一駅分ウォーキングしたし(まだ1回だけ)
 習慣にしたいなあと思いながら明日も走ります。たぶんね。


 大事なひとと出来事が人生にふえていく
 せつなさとうれしさをかみしめます。

 
 車両基地の見学、たのしかったなあ…

 
d0109106_22492298.jpg

















[PR]
# by higufu | 2015-01-19 22:45